ブックタイトルFULL LINEUP CATALOGUE vol 17

ページ
119/154

このページは FULL LINEUP CATALOGUE vol 17 の電子ブックに掲載されている119ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

FULL LINEUP CATALOGUE vol 17

ボンベ架ボンベ架(標準)TAIS:00066-000210リクライニング用ボンベ架TAIS:00066-000261※写真は標準用ボンベ架です。折りたたみボンベ架酸素ボンベを車いすの後方に搭載する金具です。直径110mmの酸素ボンベに対応しています。車いすの種類に応じて各種取付金具を用意しております。ご注文の際には取り付ける車いすの機種をお知らせください。※ご利用の際は後方への転倒のおそれがありますのでご注意ください。※後方への転倒のおそれがある場合は転倒防止の取り付けをおすすめします。※酸素ボンベのサイズに応じてオーダー対応しております。ご相談ください。NEW!リクライニングタイプ(一部機種は除く)の車いすに後付け可能なボンベ架です。バックサポートパイプにシート固定ビスで取り付けします。後方への転倒のおそれがあります。転倒防止の取り付けをおすすめします。特にリクライニングは後方に荷重がかかるのでご注意ください。跳ね上げ用ボンベ架TAIS:00066-000261アームサポート跳ね上げタイプの車いすに後付け可能なボンベ架です。バックサポートパイプにシート固定ビスで取り付けします。※酸素ボンベのサイズに応じてオーダー対応しております。ご相談ください。後方への転倒のおそれがあります。転倒防止の取り付けをおすすめします。特に跳ね上げは後方に荷重がかかるのでご注意ください。400内々115シート固定ビスで取り付けします。※写真はリクライニング用ボンベ架です。車いすの収納に便利な折りたたみ式のボンベ架です。直径95mm~120mmのボンベに対応しています。ご注文の際には取り付ける車いすの機種をお知らせください。※ご利用の際は後方への転倒のおそれがありますのでご注意ください。※後方への転倒のおそれがある場合は転倒防止の取り付けをおすすめします。車いすの左側への取り付けとなります。杖入れ杖を収納する金具です。従来の杖入れのデザインを一新し、樹脂成形品を採用しましたので、取り付けが簡単で清掃がしやすくなりました。杖の種類によって2つのサイズを用意しております。杖固定ベルトの取り付け方法杖入れ(大)TAIS:00066-000211松葉杖や、杖を2本使用される方のご利用に最適です。杖入れ(小)TAIS:00066-000212杖を1本使用される方のご利用に最適です。内々88内々48内々6060(mm)内々4542ボンベ架・杖入れオパプーシツョン・杖入れの取り付け方法(mm)取り付け可能な車いす取り付け前に、下記の条件を確認していただき、取付け可能かどうか確認してください。●自走型または介助型の車いすで、ティッピングレバーがある車いす。●ティッピングレバーの直径が、φ19mm~φ22mmのもの。(φ19mm未満の場合…固定できない場合があります。)(φ22mm以上の場合…取り付けステーが破損する可能性があります。)●ティッピングレバーの長さが、100mm以上あるもの。(ただし、フットブレーキ・転倒防止などティッピングレバーに付属品がある場合には取り付けられない場合があります。)●ティッピングレバーとバックパイプの角度が90度であるもの。●バックパイプ下端から上方に55mm妨げとなるものがないもの。90°ティッピングレバー100バックパイプ55(mm)115